お知らせ

田舎日和をお休みさせていただいています。
お寺の方は活動していますので、ときどきその様子を載せることができるかもしれません。
またふらりと田舎日和にお越し頂ければ幸いです。
e0094280_6445884.jpg

[PR]
# by yu_kotopia | 2007-06-13 06:45

ベビーマッサージの会

昌福寺でベビーマッサージの会が行われました。
この会は2回目。
10組の母子さんたちが参加されました。
助産師の先生を囲み輪になって。
赤ちゃんたちは裸になってころんと寝ています。
お母さんは手にたっぷりオイルをとって赤ちゃんに優しく話しかけます。
ベビーマッサージの手順や、効能、注意など、先生のお話を聞きながら、ゆーっくりと進んでいきました。
この会を始めたのは半年前。
自分に子どもが産まれて、ベビーマッサージをしようと本を買ったものの、これでいいのかな・・・風太郎もあんまり気持ちよくなさそうだし・・・と自信なくマッサージをしていました。
どこかでベビーマッサージを教えてくれないかな、と探したのですが、見つけることができませんでした。
ということは、同じように思っているお母さん達もいるはず!ということで、昌福寺で行うことにしたのです。
それに、昌福寺は子どもに縁の深いお寺ですから。
お彼岸だけでなく、こうしてお子さん達がお寺にくる機会が多いというのはとてもよいことのように思います。
私はベビーマッサージを知ることができてよかったな〜と思っています。
赤ちゃんにもいいのはもちろんのこと、何より私が気持ちの良い思いをさせてもらいました。
それと、ベビーマッサージはお父さんもできるのです!
主人が楽しそうに風太郎に話しかけながらベビーマッサージをしている様子はとってもほほえましいものでした。
e0094280_63298.jpg

[PR]
# by yu_kotopia | 2007-04-12 08:47

こぶしの花

この春はこぶしがよく咲いていました。
こぶしは昨年元気がなかったので心配していたのですが年によってちがうものですね。
今は桜も満開。
桜も種類や場所によって咲く時期が違うので意外と長い間花見も楽しめますね。
曇り空の多い頃ですが、あたたかい日も多くなり、羽織る服が軽くなった分、身も心も軽くなる気がします。(ああ、私って単純だなぁ。)
今年は息子・風太郎と過ごす初めての春でした。
風太郎をだっこして外を歩きながら、ほら、椿が咲いているよ。つくしがでてきたよ。なんて話していると、一緒に季節を楽しめる嬉しさとともに、ああ、ちょうど一年前も大きいお腹にむかって同じように話しかけていたなぁ。なんてなつかしく思うのでした。
e0094280_10285992.jpg

e0094280_10355238.jpg

[PR]
# by yu_kotopia | 2007-04-03 10:33 | 日常

新しい風

田舎日和を数ヶ月留守にしてしまいました。
その間に季節は移り変わり、今は夏。
記事にはできなかったけど、4月には花まつりコンサート(最高に楽しかった!)で大盛り上がりしたり、5月には昌福寺の棚田の田植えや、山野草寄せ植えワークショップをしたりと、楽しい行事が続いていました。
そして6月。子どもが産まれました。男の子です。
岩間風太郎(ふうたろう)といいます。
まだ生後一ヶ月と10日程。
でもその短い間にみるみるうちに成長していきます。
その様子を見ていると、ほんと幸せです。
私も今までしてきたことと同じことをしても、風太郎がいることで、また違った楽しみや発見があるのではないかと思います。
風太郎と一緒に、お寺の行事に参加したり、味噌作りをしたり。今から楽しみなのです。
そんなわけで、田舎日和も、気持ちの上ではちょこっとリニューアルです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

e0094280_170199.jpg

[PR]
# by yu_kotopia | 2006-07-18 17:03 | 日常

春彼岸会・虫加持祈願

e0094280_1572256.jpg
昨日から彼岸に入りました。
このお彼岸1週間、昌福寺では【虫加持祈願】を行っております。
虫加持とは、、、、赤ちゃんの夜泣きなど、いわゆる「癇の虫」を鎮めるご祈願です。
江戸時代の当山十二世住職以来、昌福寺だけに約300年ほど続いているそうです。
私は千葉の出ですので、虫加持というものを全く知りませんでしたが、
山梨の方はご存知の方も多いようですね。
‘昌福寺’というと「あの虫加持のお寺ね」と言われる事がよくあります。
若い方も、実は子供の時に連れて来られていたりするみたいです。
大体0〜3歳くらいまでのお子さんが多いので、自分では虫加持を受けた事は覚えてないですよね(笑)。
時々、お寺に参拝にいらしたおじいさんおばあさんも、自分が小さい頃母親と来て、自分も息子や娘を連れてきたんですよー今度孫を連れてきます、と話して下さる方もいます。
そんな話しを聞いていると歴史を感じますよね。
中庭の梅の木は開花がが遅いので、今六分咲きくらいで、いい感じです。
ここ数日午後になると風がでますが、陽射しはあたたかく、日なたはぽかぽかしています。
鴬もよく鳴いています。
10日前はまだ下手で、ちょっと鳴いてみようかな、という位のものでしたが、今はほんと、気持ち良さそうに「ほ〜〜ほけきょ♪」としています。
さてさて、せっかくですので、虫加持のご案内。

【春彼岸会 虫加持祈願】
3月18日(土)〜24日(金) 9時半〜3時半
昌福寺虫加持堂にて 
  ※受付時間内にお越し頂ければ事前の予約は不要です。

 ☆3月21日(春分の日)は庫裏にてフリーマーケットを開催します☆
工房八雲(陶)・増穂登り窯(陶)・第三世界ショップ(フェアトレード)・プラテーロ(天然酵母のパン)・STUDIO蔵(オリジナルTシャツ) などなどが出店します。楽しみです〜〜♪
ご都合のつく方は是非遊びにいらして下さいませ!!
[PR]
# by yu_kotopia | 2006-03-19 11:49 | お寺のこと

ふきのとう

春一番、土の中から顔を出すふきのとうを見つける喜びは何か宝物を探し出したような、そんな気分になりますよね。
残念ながら、このふきのとうは近くの直売所で買ったものですが、それでも店頭にふきのとうを見つけると、とても嬉しくなります♪
主人がまだ子供の頃、昌福寺の裏庭には、ふきが足の踏み場もないほどに群生していたそうなのです。
ですから、もちろんふきのとうも取り放題。
でもいつの間にか、どくだみに侵食され、ほとんど姿を消してしまったそうです。
そんな話しをこの前の味噌作りの時に話していたら、料理名人のおばさんが、
「じゃあふきを移植したら」と教えてくれました。
「え?そんなこと簡単にできるんですか??」
「できるさよ〜ふきは強いからまたそのうち増えるら〜」
そうか、いいことを聞いたね、と主人と二人ふきの移植を企み中。
どくだみも必要だけど、今採りきれないほどあるので。。。
e0094280_14184546.jpg

この春らしい黄緑色。
とりあえずは天ぷらですね!!
新鮮な苦みと酸味が何とも言えません。
残りのふきのとうは、お味噌汁に刻んで入れようかな。
それとも酢の物にしようかな。
ふきのとうのレシピ、もっと調べてみよう、、、
[PR]
# by yu_kotopia | 2006-03-01 14:32 |

味噌造り

昨日念願の味噌造りをしました!
私実は前の晩からこの味噌造りが楽しみで軽い興奮状態にいました(笑)。
今朝も目覚ましが鳴る前から起きていて、なんだかこれから運動会とか、遠足とかがあるような、そんなワクワク感がありました!!
当日はまことに天気が良く、そして暖かく、最高の日和。
麹の用意があるので、味噌炊きの日というのは変更が効かないそうで、雨でも行います。
ちなみにここ増穂町青柳には麹屋さんがあり、そこで注文しました。
前日に大豆を洗い、水に浸けてふやかしておいた大豆に、朝7時前から火を焚き始めました。
e0094280_1015153.jpgこんなにたくさんの大豆を煮るのですから、大豆のい〜匂いが漂います。
作る量は、全部で3斗。2つの釜で作りました。
私は味噌造りは全くの未経験者です。なので、実は麹を見るのも触るのも初めて。いちいちすご〜い!と感心してしまいます。
そうか、麹は暖かいんだ。。。こんな感触なんだ。。。。などなど。
この味噌造りは、味噌造り歴35年の内田さんと神田さんが先生です。e0094280_105232.jpg35年か〜えっと〜私もこれから毎年続ければ35年後には同じくらいの腕前になれるのかな!?
他の参加者の方々は、私同様みんな初心者です。主人も。でも幼い頃にまだ昌福寺で味噌作りをしていた頃のことは少し覚えているようですから、私よりちょっと経験者かな(笑)。
豆を煮て、ミキサーにかけ、茣蓙に広げ冷ましている間、お茶の時間です。
e0094280_1075093.jpgこれはお昼??という位の食べ物を広げ、満腹満腹。
あたたかいし、なんだか眠くなってきます。
でもここから後半戦。
皆さん積極的・協力的で、順調に味噌造りが進んでいきました。
豆の煮具合や、麹の混ぜ具合(柔らかさ)など、感覚が決め手のところが多く、これは1度やったくらいでは習得できそうにもありません!
e0094280_109348.jpgでも自分で調整できるようになったらすごいな〜〜〜
そんな風になりたいな♪目標ですね♪
そうなんです。おばさんたちが当たり前に作っているものを、とりあえず私も「当たり前にできる」こと。これが私の目下の目標なんですよね。
当たり前にお味噌を作ったり、漬物を漬けたり、保存食を作ったり、庭で野菜を育てたり、山菜を採りにいったり。私の憧れです。。。
とりあえず、味噌造り!
みんなで協力すると、こんなにスムーズにいくのだなぁと関心してしまうくらい、片づけまで順調に終わりました。
皆さん自分の味噌樽に名前を書きます。
この味噌樽は昌福寺に保存します。
自分の樽を持ち帰ってもいいのですが、樽は昌福寺に預けておき、少量づつ持ち帰る事も出来ます。
みんなで、1年後は味噌パーティーをしなくちゃね♪
とうきうきしながら、昼食を戴き、解散したのでした。



e0094280_10123517.jpg
皆様お疲れさまでした。
ご指導下さいました内田さん、神田さん、本当にありがとうございました!!
〈平成18年2月22日 第一回味噌造りメンバー  ※カメラマンは主人です〉
[PR]
# by yu_kotopia | 2006-02-22 15:33 |

気がつけば春

大変ご無沙汰してしまいました。
ご心配もおかけしてしまったようで、申し訳なく思っています。
こんなに長くお休みするつもりではなかったものですから、、、
お休みついでに、では新年に、、、それが過ぎてでは小正月に、、、あら過ぎちゃった、、、じゃあ旧暦の元旦に挨拶をしよう!、、、それもできずに、では旧暦の小正月!?
結局今日は2月19日。
旧暦では睦月22日。雨水に入りました。
特別なんてことのない日ですが、ブログ再会できて私にとってはめでたしな日です(笑)。
めでたいといえば、昨日友人夫婦の赤ちゃんが産まれました!
報告を聞いて、とても幸せな気持ちになりました。嬉しい。。。本当におめでとう!!
そして、実は私も今お腹に赤ちゃんがいます。
6月の半ば頃出産予定です。
お腹に赤ちゃんができてから、今までと違ってきた事がたくさんあります。
身体も変化しますし、食生活も変わりました。
私は単純だから、赤ちゃんのことを思うと、栄養のこととかも気をつけるようになったりしました。
辺りを見回して、このままじゃ生まれてから大変だ、と思って家の中を整理し始めたり(笑)。
最近はお腹のなかでとてもよく動いているのがわかるので、その度に嬉しくなり、なんとも言えない満たされた気持ちになります。
私のお腹の中にいるのに、私の意思と関係なく動きだす赤ちゃんがかわいいのです。
あと4ヶ月、とりあえず妊婦さんを楽しみたいと思います。
これからどんどんお腹も大きくなっていくと思いますが、今年も昌福寺では季節の行事、そして楽しいイベントやワークショップが開催されます。

 ○2月22日        みんなで味噌作り
 ○3月18〜24日  春彼岸 ・ 虫切加持 
    ※21日は手作り市&フェアトレードショップもでます。
 ○4月末頃         昌福寺棚田の田植え
 ○5月28・29日    山野草ワークショップ
 ○5月末頃          花まつりコンサート (山野草展示)
 ○9月20〜26日   秋彼岸・虫切加持
    ※23日は手作り市&フェアトレードショップもでます。
 ○9月末頃          昌福寺棚田の稲刈り
 ○9月30日・10月1日   和紙ランプシェードワークショップ
 ○10月7日         中秋の名月コンサート (灯り展示)
 ○11月3日         十三夜 落語の会
 ○11月22・23日   御会式

まだ追加変更があると思いますが、たくさんの方と楽しい時間を共有できたらと思います。
もう節分会は終わってしまいましたが、天気も良く、大勢の人で賑わい楽しい一日でした!
もうすぐ念願の味噌作り!! 今まで出来なかった事が今年はできる! とっても楽しみです♪
これが1年経った私の変化なのかもしれません。
またその様子はupしていきたいと思います。
今年も楽しくなりそうです♪

遅くなりましたが、改めまして、

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

岩間祐子

e0094280_15282765.jpge0094280_15292444.jpge0094280_15593792.jpge0094280_153098.jpg

[PR]
# by yu_kotopia | 2006-02-19 15:31 | 日常

御会式当日!

e0094280_14172298.jpg

本日は晴れ。
今年の紅葉は遅いかと思っていたら、律義にも御会式の時には綺麗に紅葉している境内の木々。
今朝は早くから檀家のおじさんおばさん達にお集まり戴き、準備をしていました。
お寺の中から外から、幕を張ったり飾り付けしたり、夜の万灯行列のステージを組んだりするのはおじさん達。
そしてそのお茶出しから、昼食、夕食、そして万灯講の中継地点におかれる休憩所への差し入れになる大量の豚汁作りなどを担当するのは、おばさん達です。
本当にすごい量を作るのですよ。
いくら毎年のこととはいえ、皆さん慣れたもので、大きな鍋でどんどん調理していきます。
私などお母さんの周りをちょこちょことまとわりついている子供のようです(笑)。
男性陣、女性陣、合わせて50名近くの方々がお手伝いにいらしてくれます。
協力するって素晴らしいなぁと、皆さんの仕事を見て感心していまいます。
今はちょっとばかし時間が空いたので、記事にしてみました。
夜の万灯行列の写真、撮れるといいな。
もし見に行く事ができたら写真upします。
[PR]
# by yu_kotopia | 2005-11-22 14:25 | お寺のこと

白菜の漬物

御会式用に10日ほど前に用意した白菜。
四つ割りにして2日ほど日に干します。
どんどん甘くなっている気がします。
この光景が私は好きなので、昨年も写真を載せた気がしますが、今年もまたパチリ。
なんだか昼寝したくなります♪
e0094280_1958579.jpg

そして主人と二人で漬ける作業をしました。
とっても楽しい。
まだこのくらいかなぁ。と手探り状態で作っていますが、何年かすれば、しっかり私たちの白菜の味が出来上がるといいな。
そして今日、お味見を!
e0094280_200172.jpgいやいや、美味しく出来上がっています。
ちょっとお醤油をたらして、ご飯を巻いて食べるのが私は子供のころから好きでした。
他の葉物の漬物もこうして食べますが、、、ご飯が進んでしまいます。
御会式用の漬物の難しい所は、量が多い事もありますが、その日に美味しい状態に持っていかなきゃならない事。
漬かり過ぎてもだめだし、浅過ぎても今一だし。
今回はとりあえず合格点かな(笑)。
[PR]
# by yu_kotopia | 2005-11-21 16:40 |